脂肪溶解痩身エステ機器とキャビテーションエステ

「切らない脂肪吸引」として注目を集めている施術にキャビテーションエステがあります。キャビテーションエステでは、液体の中に圧力差によって生じる真空の気泡が発生する現象、キャビテーションと呼ばれる空洞現象を応用した施術が行われており、超音波を対象部位に当てることで脂肪を溶かしながら痩身効果を得ることができます。
キャビテーションによるエステは、皮膚や筋肉、細胞などへの影響がほとんど無く、痛みや傷跡もできないことから人気が高く、何よりも手軽に行えることに大きなメリットがあります。そのために、現在では家庭でも扱える機器も数多く販売されており、2~3万円程度で購入することができます。充実した機能を求めたい場合には10万円程度の機器を購入する必要がありますが、その代り、EMSやラジオ波などの他の機能が設けられています。機器が簡単に購入できることから、キャビテーションエステで行うか、自分で行うか迷う場合も多く、ここでは、違いを理解して判断をする必要があります。
まず、キャビテーションエステの場合には、施術には家庭用とは異なり、より強力な超音波を発する機器が使用されます。そのために確実な効果が期待でき、エステシャンによるトリートメントも同時に受けることができるために、全身の血行を良くしたり、体全体を引き締めむくみにくくすることができるようになります。反面、何度もエステに通う必要があり、他人に体を見られてしまうことや、何よりも費用がかかることがあります。
一方、自分で行う場合には、機器購入に費用はかかるものの安くキャビテーションを行うことができます。また、いつでも好きな時間に行うこともできます。反面、機器自体の出力が弱いために効果が期待できないことがあり、キャビテーションエステに比べて効率が悪い面があります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.